FC2ブログ

ゆる鉄ワールド@川崎

遅くなった出発で、山も海も無理だ。
久々に美術館に出掛けて見ようと思った。

多摩サイは何故か平和。
DSC07609s.jpg

微妙な向かい風に丁度良い風除けを見つけて背中を借りたら、クロモリ談義で盛り上がった。
DSC07610s.jpg
記念に二子玉川でパチリ。

チネリだケルビムだラレーがどうしたとワイワイ楽しかった。
結局丸子橋まで牽いてもらって、行き先を過ぎてしまった。

ならば美味しいラーメンをと思って鳥居まで来た
DSC07615s.jpg
ワサワサと人溜り
TDT? 24時間で100マイル走るって、自転車じゃないんだよね。

残念なことに肝心の佐藤は満席。
諦めて バインミー を食べに行った。
DSC07618s.jpg

ベトナムハムとレバーパテにパクチー大盛りで。
DSC07625s.jpg
非常に美味い!
機会があれば何度でも来たい。

で、当初の目的地へ
笑顔あふれる「ゆる鉄」ワールド
DSC07646s.jpg
この人の写真って、スキなんだよね。

ロマンチストで人が好きで・・・
DSC07633s.jpg

DSC07634s.jpg

DSC07638s.jpg

三陸鉄道も震災直後から追いかけていたらしい。
不覚にも泣かされてしまった。
DSC07649s.jpg

DSC07650s.jpg

美術館で泣くなんて初めてだった。
スポンサーサイト

コメント一覧

#6245 No title
 やっぱり写真には、画像を残すという記録的な意味合いから、当時の雰囲気や世相までも映し出す要素があるんでしょうネ。
 ワタシも最近、富に涙もろくなってるので、こういう写真を見たら、やはり涙が出ちゃうかも、です。
#6246 No title
ああ、これは絶対泣くやつだw
この写真だけでも、すでにヤラレそうです
また女川、行きたいっすね
パクチーサンド?も美味そう!
#6247 No title
こたさん
この中井氏はこたさんの言うように「写真は事実を残す役割だけではなく、気持ちを届ける役割も果たせる 云々(ぜんぜん正確ではない)」という意味のことを言っていましたが、まさにそのとおり。
見事に術中に嵌って泣いてしまいました。
きっと中井氏もファインダー越しに泣いていたと思います。
#6248 No title
たけさん
女川駅の復活を3年にわたって見ているだけに、色んな気持ちが解りますね。

こんなコメントが添えられていましたよ。
3年ぶりに
列車が走り出したとき、
地元の方々が
列車に贈った言葉は、

「おめでとう」でも
「ありがとう」でもなく
「おかえりなさい」でした。

泣いちゃうよね。
こういう写真で泣いちゃうたけしゃんもステキだと思う。
#6249
この方、時々TVで見ますね。やっぱり、写真は、技術だけでなくテーマなんでしょう。暑くなってきますと、昼間は美術館で、まったりというのも手ですな。
#6250 No title
kincyanさん
まったく仰るとおり写真の9割は見たものを切り取るセンスだと思うのです。出来上がったものをあれこれ言うのは簡単ですが、ゼロからやってみるとぜんぜん出来ないんですよね。
暑い時期には美術館・図書館・蔦屋でしょうか。
#6264 No title
あ~これは見てみたい。
今調べたら今月で終了なんですね。

時間とってマジで行ってみたい....パクチーサンドは要らんけど(笑)
#6267 No title
zakkさん
やっぱり写真ってテクニックも大事だけど、見たものの切り取り方が一番肝心なんだね。

是非行ってみて。
三陸のコーナーは泣いちゃうから一人で入ってね。

コメントの投稿

名前

タイトル

メールアドレス

URL

本文

パスワード

非公開コメント管理者にだけ表示を許可する