たいじょう なの

げつようびくらいから、ひだりのわきばらをちゅうしんに、ふっきんやせなかまでがいたくてダルイじょうたいでした。
ごんげんさまでがんばったせいなのかと、たかをくくっていました。
きんにくつうなら2~3にちでおさまるハズです。
そもそも、そんなにがんばってこいだつもりはなかったのです。

ひましにひどくなるいたみにたえかねて、びょういんへいってきました。
もしかして、だいじにもっている「いし」があばれはじめたのかとおもったのです。

ところが、しんさつのけっか・・・・
退場
たいじょうでした。
まだつづきがあるの・・・ »
スポンサーサイト