igaさんの「うま。」をたべにいけ! その2

きょうは、うめをみてからigaさんのきじでおいしそうだった(おもしろそうだった)うどんをたべにいきました。
もうすっかりはるのはずなのに、まだウインドブレークのウエアをまとっています。
さむがりですから、しかたありません。

おごせのうめまつりは、きかんえんちょうのようです。
IMG_2998(重厚な油彩)
だってまだまだまんかいにはいたっていませんもの。

もうちょっとですね。
IMG_2999(重厚な油彩)
こうばいがあまりみられませんが、おわっちゃったんですか?
いりぐちできいてみたら、なかにはいってじぶんでみろ といいます。
さきをいそぐのでじてんしゃをおりずにすすむことにしました。

なにしろここまでけっこうなむかいかぜで、つかれぎみなんです。
きょうはK30のかいひみちをみのがさずにまがりました。
でも、いきなりのきゅうざかじゃありませんか!
これならk30でもいいかな~っとおもってしまいます。

さかのてっぺんにはおんせんスタンドがあります。
IMG_3005(重厚な油彩)
が、ここでぬぐわけにもいきません。
こんどは、タオルをじさんしましょう。


だいすきなふんいきの、まつごうをダラダラのぼります。
IMG_3008(重厚な油彩)
だれにでもやさしくみちをゆずります。
のんびりやさんですから。


ぬいていったけど、あまりさきへいきません。
きっとぼくをひいてくれているんでしょう。
やさしいひとです。

とうげについたら、みぎへまがっていきました。
あ、ぼくもいきま~す。
ついていくことにしました。
どこいくんでしょう?
びみょうなかくどのさかがつづきます。
でも、なおきちさんのはなしでは、すぐおわるっていってましたから。
しんじてがんばってこぎました。

みちがたいらになってきたら、ひだりへまがっちゃいます。
あ、ぼくも。
だってみちがわからないんですから。

ふりむいたので、こんにちはっていったら、たちこぎをしてズンズンいっちゃいました。
なんでここでチギるんですか?
まいごになっちゃいます。
どうかこのさきにわかれみちがありませんようにと、いのりながらはしりました。

どうやらてっぺんみたいです。
ヤグラがあります。
IMG_3018(重厚な油彩)
さっそくのぼってみましたが、ゆれるんです。
こわいんです。
とちゅうでやめちゃいました。

けいかいにくだりはじめます。
どうやらまちへむかっているようです。
ん?ふりむくと。。。
IMG_3025(重厚な油彩)
なんかきいたことあるなまえです。
いや、せいかくには「みたことあるもじ」です。
なんてよむんだろう?

あ、ダムです。
IMG_3034(重厚な油彩)
ふ~ん、こんなところにダムがあるんですか。
たかいところはにがてですけど、いちおうみておきました。

リロウィンさんがらんざんにいるといいますが、なにをたべにきているのかきになりました。
でも、ぼくはとうしょのよていどおり、うどんです。
おいかぜにのるハズなんですが、なんだかへんです。
くうふくのきわみでとうちゃくしました。
IMG_3037(重厚な油彩)
きたからくると、ホントにわかりません。

きゃくはぼくひとりでした。
IMG_3038(重厚な油彩)
ボリュームたっぷりで、このみのうどんです。
もうすこしせいけつかんがあるとうれしいです。
あじはとってもすきですから。

それにしても、かざむきになっとくできません。
おなかもふくれて、スピードがでません。

クルマのじゅうたいにまいって、よりみちしました。
IMG_3046(重厚な油彩)
さかまんじゅう105えん。
IMG_3047(重厚な油彩)
アイスにすればよかったです。


にほんブログ村
スポンサーサイト