伊藤忠太って?

一橋大学には昭和初期に設計された建物が残っているそうな。
有名な伊藤忠太という人の手になるものらしい。
湯島聖堂や築地本願寺も。。。

地元の公園として愛されていると言うが、果たして子供が遊んでいる。
親子が散歩している。
老夫婦が梅を見上げている。

雰囲気のあるキャンパスだ。

本部
P2190026s.jpg
まだつづきがあるの・・・ »
スポンサーサイト

夜の中央フリーウェイ

夜の写真が簡単そうに思えて出掛けてみた。
高速道路を撮ろうと思ったが想定以上に金網が高くて参った。
何をどうしたのか憶えてないけど、スマホがシャッターになるのを確認できて今日はそれでよし。
P1190022s.jpg
f8で20秒くらいかな。
まだつづきがあるの・・・ »

江戸東京たてもの園へ行って見た

前に行った時、みんながカメラを持っていたのを思い出して、面白い写真が撮れるのかな?と思って寒い中でかけてみた。
入り口で言った「中学生」の一言も軽くいなされて・・・・

近寄って撮ってみる。

ふむふむ。
まだつづきがあるの・・・ »

絞り?F値?優先モード

絞り優先っていう機能が仕上がりの違いが分かりやすいらしい。
絞り? 露出?
”絞りとは、レンズから入る光の量を調整する部分です。 下の写真ように、レンズの中に備わっていて、穴の大きさを変えることで取り込む光の量を調整しています。 絞りの大きさの違いからくる、カメラに取り込む光の量を数値化したものがF値です。 F値は、F2、F2.8、F4、F5.6、F8…のように基準となる値が決まっています。 from SONY”
ということらしいが、
絞る=数字が大きくなること
開ける=数字が小さくなること
ということで良さそうなのだが、ホントか?

”絞り値を大きくすると、絞りが絞られてレンズを通る光が少なくなり、絞り値を小さくすると、絞りが開かれてレンズを通る光が多くなります。
たとえば、絞り値をF4からF5.6に変えると、レンズを通る光の量は半分に減り、撮像素子上に写る像も半分の明るさになります。
絞り値を変えると、ピントが合って見える範囲も変わります。
絞り値を大きくするほどピントの合っている部分の前後もピントが合っているように見えてきます。
逆に、絞り値を小さくするほどピントの合って見える範囲は狭くなります。from NIKON”

もうすでにカリカリきてる。
~絞り値をF4からF5.6に変えると、レンズを通る光の量は半分に減り~
半分とか倍とかいうならF4からF8にすると、とならないと分からないじゃん!
最初の2歩くらいで躓きそうだよ。

また一方で
”ピントを合わせた位置に対して、その前後のピントが合っているように見える範囲を「被写界深度」といいます。”
らしいのだが、この場合の「被写界深度」という言葉はどうでもいいや。

ようするに、画面全体がハッキリ写るってコトなんだと思う。
で、テスト撮影してみた。
3cmおきに駒を並べて撮影。

歩にピントを合わせて
パンケーキ f3.5(開放ってヤツ)
P1090050s.jpg
カシャって音がした。
まだつづきがあるの・・・ »

ストラトがPEN Liteに化けた

ず~っと貸したままだったFender Stratocasterが正式に嫁入りとなった。
というか、返却できる状態ではないらしい(弄りすぎて元に戻らない)。
こっちも使ってないし、今後も活躍の機会は多分無いと思うと言ったら、向こうにも使わない道具があるので交換でどうか?と言う。
却って現金のやり取りよりをするよりも良さそうなので快諾した。

そしてやってきたのがコイツ。
DSC01261s.jpg
海老鯛とはこのことだ。
まだつづきがあるの・・・ »